AEDで人命救助

AEDによる電気ショック

AEDは心室細動に有効

AEDとは自動体外除細動機の略で心停止による異常な状態を正常に戻すための医療機器です。医学の知識や経験を必要とせず一般市民誰もが使用できるように設計されています。この機器は全ての心停止に効果があるわけではなく、自動チェック機能の結果必要ならば電気ショックまで行います。そしてAEDは心室細動において電気ショックが必要と判断します。そのため心房細動における使用では適切な知識を持った医師の立会の元で行う必要があります。正しい知識を身につけておくことで、いざという時にしっかりと対処できるようにしておきましょう。

心房細動と心室細動が起きた時に

心房細動及び心室細動とは心臓の筋肉がけいれんしたような状態となり、心臓の血液を全身に送るポンプ機能が失われます。AEDはそのような状況になった時に、電気ショックを与えて正常な状態に戻すための医療機器です。この機器は医療従事者でない一般の人でも使用でき、人の集まる公共施設を中心に設置されています。電気ショックの成功率は1分経過するごとに低下していきます。AEDには使用方法の音声案内などの機能がありますので、心房細動などで苦しんでいる人がいた場合は、できるだけ救急車が来る前に電気ショックを行うことが重要です。

AEDの設置効果の情報

  • AEDについて知ろう